ドライシャツの魅力ある速乾性!優れた素材に追求!

スポーツをする上では欠かせないアイテムにドライシャツがあります。 ドライシャツは、吸水性に優れており、サラサラな感触と、軽い着心地が特徴です。 運動時は、普段よりも多くの汗をかきます。ドライシャツには、テクノロジーという吸水性を高める繊維が使用されており、着心地さをキープし運動時に快適さを与えてくれます。 繊維自体が汗を吸うわけではなく、生地そのものが汗を吸収できる編み方になっているため、汗がすぐに乾きます。 そして、吸水性とならんで重要なのが速乾性です。

メリット性

一般的に、合繊繊維は速乾性に、天然繊維(綿、麻シャツなど)は吸収性にすぐれていると言われています。 ドライシャツの場合、薄手で丈夫な上、商品の大半が、ポリエステル混率が高いので (ポリエステルの割合が高いものほど早く乾く傾向がある)、汗をかいた後、汗を吸収し、「すぐに乾く」といったことや、洗濯した後に、干してすぐ乾くので着回しが効くことがメリットです。 天然繊維製品の場合、洗濯後に型くずれやシワになる、色おちするなどがありますが、速乾性の高いドライシャツの場合はそういう問題もおこりません。 普通の綿素材のシャツで汗をかくと、べったりまとわりつく不快感や、乾きが遅いことで汗臭くなる原因にもなりますが、速乾性の高いドライシャツなら、汗もサラッとすぐ乾くので、着心地もさわやかで汗臭さもおさえられます。 綿素材のシャツより耐久性が非常にすぐれているので、長く使用する事ができるのもメリットです。

良い面もあれば悪い面も

デメリットももちろんあります。 洗濯したはずなのに何故かニオイが。 速乾性を実現するためにポリエステルが多く使われているため、綿や麻と言った天然素材に比べて汗などのニオイが残りやすい。 汗を素早く吸収し、サラサラにするために水分を外に素早く蒸発しますが、汗に含まれている油分、汚れがシャツに残ってしまい、繊維にまで入り込んでしまい、ニオイの原因になってしまいます。 最近では酵素パワー、除菌パワーが強い洗濯洗剤が出てきているのでニオイ残りは減ってはきているのですが、もし、それでもニオイが気になる場合は、ニオイが染み込む前にこまめな洗濯や、つけおき洗いなどの対処が必要です。 服を裏返しにすると、よりニオイ汚れが落ちやすくなります。 擦れに弱いのもデメリットのひとつです。 洗濯する際に、洗濯ネットに入れてから洗濯すると擦れが少なります。

まとめ

速乾性の高いドライシャツには、着心地の特化したものや、紫外線防止効果が施されたものもあるので、より理想的な素材を選ぶ事ができます。スポーツを快適にするなら、お手入れにも気を付けながらドライシャツを活用してみましょう。