スポーツする時はドライシャツがいいの?選び方は?特徴を理解しよう!

健康のため、ストレス発散の為に何かスポーツを始めたい。 でも、どんなウェアを揃えればいいかわからない。 と、考えている方もいるのではないでしょうか? 快適に身体を動かすためにはウェア選びは重要です。 不快になるようなウェアを着て運動をすることでストレスを感じてしまったら本末転倒。

自分に適した機能的なウェアを揃えることで、より気持ちよく運動することができます。 近年、合成繊維に関する研究が進み、吸汗速乾性だけでなく、紫外線から肌を守るようUVカットの効果や体温の調整ができる高品質なシャツも多くなっています。

ドライシャツの特徴

スポーツをする際に着用するウェア選びにドライシャツ。 ドライシャツには、吸水性、速乾性、通気性の特徴があります。 通常時よりも運動した時は、たくさん汗をかきます。その際、ポリエステルが低い質であり、汗を吸収する吸汗性が低い素材のシャツを着用した場合、水分が外に出ず、肌が蒸れる恐れがあります。

ドライシャツは、吸汗性をあげるための機能が特徴であり、運動する時にも快適で着心地さの良さを保ちます。 次に、吸汗性と並んでなのが、速乾性。標準体重である人は60分程度の軽いランニングで、約1リットルの汗をかくと言われています。 ドライシャツは、速乾性が高いことを売りにするほど、汗をかいてもサラサラな着心地さで着ることができます。 通気性も良いことがポイントです。 通気性の低い一般的なTシャツは、外から空気・風を取り込むことができず、Tシャツの中に新鮮な空気を循環させることができません。

汗ムレは避けたい

また、身体からの発熱を外へ逃すことができず、空気が中でこもり、それにより汗ムレの原因が起こります。 メッシュ構造のドライシャツは、通気性が良く、爽やかな空気を常時取り入れることがメリットの一つです。 吸収性の低いTシャツだと、汗ムレが発生します。 汗が皮脂と混ざり、細菌繁殖の原因となり、時間をおいてしまうと悪臭を引き起こします。

まとめ

スポーツウェアは、快適さやトレーニング効果をあげるために欠かせないアイテムです。 ウェアにはトレーニングをサポートしてくれる機能もたくさんあります。 ウェアの特徴を理解し、機能をフル活用して、快適に身体を動かし健康的な身体をつくりましょう。 お気に入りのアイテムを揃えて身にまとうと、テンションも上がって楽しくなること間違いありません。