運動始めるなら、機能性の高いドライシャツを着て快適に動こう

普段は家の中でテレビを見ながらスポーツ観戦をしていて、ふと身体を動かしたくなる気持ちになる方も少なくないでしょう。 オリンピックの競技やWカップを見ているときなどは特に盛り上がりませんか? いざ身体を動かしたいとなっても、スポーツウェアがなく、動きやすい服を探します。 オススメするのはドライシャツが最適です。ドライシャツは汗をしっかりと吸収してくれる且つ、乾きやすいのが特徴的です。

汗にも良い汗のかきかた、悪いかきかたがある

汗をかくのはいいことですが、その汗には良い汗と悪い汗があります。 見た目では汗をかいていないようにみえ、身体中からきめ細かく出ている汗はいいかき方です。 それとは反して背中などに大きな粒として大量に汗をかくのは悪いかき方と言われています。いち早い対策としては、速乾性のある汗をすぐ飛ばすスポーツウェアがオススメです。 ドライシャツはポリエステルで品質が良く、吸汗性に優れています。吸汗性に悪いシャツだと汗で身体が蒸れてしまい、熱がこもってしまいます。 ドライシャツなら速乾性もあり、着心地さ良く、常に快適です。

通気性が重要

いくら吸汗性が良くても乾きが遅ければ、外に蒸発しないことによりシャツが重くなります。それにより、着ている人は不快さを感じます。 ドライシャツにはポリエステル素材が使用されていることから汗をたくさんかいても通気性が良いため、水分を飛ばし、さっぱりした状態をキープしたまま着ることが可能です。 通気性の悪いシャツだと、外から空気が入らず新鮮な空気をシャツの中で循環することが出来ません。そのため通気性は非常にポイント高いです。

また、ドライシャツはメッシュ構造であり常に爽やかな空気を取り込めるような質感になっています。さらに、ドライシャツは悪臭を防ぐ機能もあります。 吸収性が悪いと汗蒸れの原因になります。汗が皮脂と混ざり、菌が繁殖し、そのまま放置すると悪臭につながります。 ドライシャツは菌の繁殖を抑え、悪臭を軽減する機能はありますが、何回も着ると、次第にシャツ自体がくさくなる恐れがあります。そのため、汗をかいたままのドライシャツを放置することなく早めに洗濯することをオススメします。 吸収性・速乾性がいかに重要か、スポーツウェアには大事です。

まとめ

身体を動かしたくなった時はドライシャツを着ての運動が最適ですが、早めの洗濯に心がけることが長持ちさせる秘訣です。さっぱりと着心地の良い服を着て良い汗をかいてみませんか。健康にも良く身体が元気になっていくでしょう。